東京都千代田区と千葉県船橋市の
税理士法人、司法書士・行政書士事務所TOTALの
高橋寿克です。

前回はホリエモン型
起業家のタイプ タイトル一覧こちら

今回は楽天型です。

従来、大企業つぶれないし、終身雇用で、福利厚生を加味すると所得も高い
中小企業は資本力が劣るので勝てませんでした。
このため、挫折型以外は、大企業の社員はあまり起業しませんでした。

給料の3倍稼げないなら独立するなと言われたものです。

ただ、バブル崩壊後は、山一、長銀、雪印、ダイエーと
日本の名だたる大企業も破綻
社員のリストラ、社宅等のカット
成果主義賃金の導入と社員も安穏としていられくなりました。

一方、資金力、設備よりも情報スピードで勝負できる時代になり、
中小企業もじゅうぶん戦えるようになりました。

そこで大企業出身者の起業が増えています。
元の企業が
 ―臘瓦淵院璽后       楽天
 不振・停滞中のケース…脱出・スピンアウト型 

どちらも増えています。

興銀出身の楽天三木谷浩史社長、
ゴールドマン・サックス証券出身のマネックス証券 松本大社長などが,療儀燭任靴腓Α

ちなみに松本社長は開成高校の2年先輩です。

税理士法人TOTAでも金融機関、電気、IT・コンピューター,商社,小売、メーカー出身の社長などが幅広く活躍されておられます。

大企業出身者らしく、最初から大きなビジネスができる点などうらやましいことも多いですね。

このタイプの社長さんは
自分に強い自信や、やりたいことがあり
話が大きくて聞いていて面白いです。

もともと普通の中小企業にはない素晴らしいものをたくさんもたれています。
ポテンシャル職業教育の水準の高さ、コミュニケーション能力、システム、そして人脈

勤務時代の「人脈」を生かしている方は
成功率が高いように感じます。

・新しいやりたいことに転進するケース
・従来の仕事の関連分野で勝負するケース
どちらもおられます。

開業当初、大企業のブランドがないことで「苦労」を味わう方もおられます。

中小企業のルールは別ですから、大企業のルールをそのまま使うのは危険です。
税理士法人TOTALでは、動きの早い、効率的な中小企業のやり方に合わせるお手伝いをしています。

このタイプはフレームが大きいことも多く会社設立時の初期設定が難しいです。
先に進みすぎると直すのが大変です。
手遅れにならないよう、会社設立前の早い時点からのご相談をいただけると助かります。

起業家のタイプ(5)脱出・スピンアウト型へ