税理士試験受験生の皆さんお疲れ様でした。
就職・採用を考えている方に当事務所から
採用情報のお知らせです。

当事務所の特徴
 〇纏は刺激的で面白いです。
  起業家の発掘育成のお手伝いをするお仕事です。
  お客様は、若い伸び盛りの企業・経営者が多く、
  黒字割合も高いのが特徴

 定期的な所内研修・ミーティング
  週に一度のミーティング、月に一度の研修が行われ、
  活発に議論すると共にグループウエアを利用し
  知識・情報を共有しています。

 6般灰泪縫絅▲襦Ε船Д奪リストの活用
  まだまだ不十分ですが、標準的な仕事は無理なく出来るよう、
  独自のマニュアル・チェックリストの整備をすすめています。

 ど通しの良い雰囲気
  平均年齢30歳くらい。
  スタッフ同士で気軽に聞いたり教えたりできる雰囲気があります。
  仕事は見て盗めなんていいません。
  責任ある仕事をしてもらうので大変ですが、
  積極的に周囲に聞いてください。

 ト突囘な能力を身につけ、さらに得意分野も
  1〜2年で会計や税務の一通りの知識は身につけてもらい、
  その後は能力や意欲に応じて得意分野を
  作ってもらえればと思っています。

 Ε灰鵐團紂璽拭璽好ルが向上します。
  税務・会計・業務ソフト、WORD、EXCEL、グル-プウエア、
  HPの作成支援等、コンピューター・ネットの技量、
  知識が向上します。
  光ケーブルのLAN環境でSERVERは2台、PCは1人1台です。
  なお、お客様は自計化率が90%と高く、記帳代行が少ないこと、
  ホームページの保有率も高いのが特徴です。

以下は「正社員」の採用情報です。
キャリアスタッフ、サポートスタッフの採用情報は当社HPをご覧下さい。
http://www.total-office.jp

採用条件
  ・年齢 22歳〜39歳
  (但し、36歳以上は会計事務所経験者又は士業有資格者に限ります) 
  ・基本的にはポテンシャル採用です。
  20代の方は、経験等より人物重視。(社会人経験があれば、なお可)
  30代の方は、会計事務所等、金融機関、コンピュータ、
  事業法人の経理等の社会人経験が必要。
  ・高卒以上
   採用の場合は卒業証明書を提出していただきます。
  ・向上心があり、自己研鑽を続けられる方。
   良い仕事をするには一生勉強です。
  ・明るくみんなで仕事が出来る方。
  ・長期間(最低3年間、出来れば5年以上)勤務が可能な方。
  ・普通免許必須
  ・税理士・税理士科目(簿記論・財表・法人・所得・相続・消費)
   合格者又は受験生歓迎

待遇
  ・月給 18万円〜35万円(試用期間3ヶ月を除く) 賞与 年1回
  2科目合格又は会計事務所2年経験の場合、
月額28〜30万円程度(残業代等を含む。)
  ただし、仕事の質と量に応じて増減します。
  ・交通費・残業代全額支給 車での通勤も可
  ・社会保険、雇用保険完備

勤務時間・休日
  ・9〜18時
  ・土日、祝日 完全週休二日制
  ・年次有給休暇(初年度10日付与)の他、主要科目受験生には追加有給休暇有り。

税理士受験生への対応
  ・試験休み有(年次有給休暇とは別に有給休暇を付与)
  ・主要科目の専門学校の学費等の事務所負担あり
   注) 原則として、1年間で複数科目の受験はご遠慮願っています
  (前年受験科目を除く)。
  仕事との両立のためご理解いただきたいと思います。
  複数科目受験生は、科目合格後お待ちしております。

応募方法
  ホームページをご覧になって納得されたら
  ・履歴書
    (必ず自筆、写真貼付、電話番号・最寄駅・所要時間明記、
     履歴書左上に「正社員希望」と記入)
   注)最近、履歴書の虚偽記載が見受けられます。正確に記入して下さい。
  ・職務経歴書(ワード等でよい)
  ・トライアル雇用の求人票(35才未満の方、ハローワークで取得)
   の3点を郵送してください。
到着後10日以内に書類選考の上、面接試対象者にのみご連絡いたします。
後日、面接及び簡単な筆記試験を行い、面接日から10日以内に
採用内定者に対してのみご連絡いたします。
書類選考が通らない方、面接後に採用にいたらなかった方には
ご連絡いたしません。
いずれの場合も不採用の方には、履歴書をお返しいたしません。
以前、返却に関するトラブルが発生したことを考慮いたしました。
お預かりした履歴書は当方で責任を持って処分いたします。

・税理士試験等の勉強が進んでなくても将来採用の可能性がある方
・遠方ですが、出店等により採用の可能性がある方
については、その旨を記載した通知をすることがあります。

実際に、過去に3名条件変更に伴う再度のご応募で採用例があります。
次の就職希望時に、お手数ですがご応募いただけると幸いです。

その他 特記事項
  ・勤務時間中(お客様への訪問時・昼食時も含)は禁煙です。
  ・保険の代理店はしていません。
  ・結婚・子育て等、家庭環境に応じて働ける環境の提供等、
   キャリアの継続には協力します。 

人気blogランキング 
コメント・トラックバック大歓迎です。

以下はかなり細かいので本当に興味がある方だけご覧下さい。
1事務所の雰囲気・採用全般について

Q、所長はどんな人?
A、39歳 税理士・行政書士・CFP
税理士は試験で合格しました。受験は結構手こずりました。5年強の会計事務所勤務経験があります。
明るく、楽しく、家庭・プライベートと両立でき、生産性・給与が高い事務所になるよう努力しています。

Q、スタッフはどんな人?
A、所長以外では男性4名、女性8名(27歳から39歳まで。平均年齢30歳)
税理士受験生は5名です(科目合格者は1〜3科目で3名います)。
社労士2名
行政書士申請中が1名、行政書士受験生が1名
手前味噌ですが、比較的美男美女が多いです。人物的にも魅力的なスタッフに恵まれ所長としてはありがたいことです。実は私の好みで選んでいると言ったら「セクハラ」とスタッフには怒られました。

Q、過去に採用された方の前職は?
A、上場企業や関連企業のSE、金融機関、学生、上場企業経理、会計事務所、旅行会社、製薬会社と多様です。

Q、正社員・キャリアスタッフ・サポートスタッフの違いは?
A、正社員・キャリアスタッフは担当のお客様を主として持ちます。専門知識を持った法人営業だと思うとイメージに近いと思います。両者の差は週の労働時間で、40時間が正社員、それより少ないのがキャリアスタッフです。
お客様訪問は、入社当初、所長または前任者と行い、途中から原則1人で訪問します。責任ある仕事で、知識とともにコミュニケーション能力が求められます。事務所での仕事はサポートスタッフと分担すると共に出来上がった資料を田村事務長・所長等のチェックを受けます。
サポートスタッフは、会計入力業務、税務の補助業務及び雑務がメインになりますが、お客様を担当してもらうこともあります。現場の感覚も知って欲しいからです。
正社員・キャリアスタッフ・サポートスタッフの区別は、家庭環境や能力によって変えることは可能です。

Q、すごくレベルが高そうです、敷居が高いのですが?
A、そう言って応募をためらう方がいるとしたら残念です。能力と意欲がある人なら問題ありません。事務所のシステム・マニュアルをまずは覚えるところからはじめてもらいます。スタッフ間で助け合う雰囲気がありますのでお気軽に声をかけましょう。

Q、学歴・職歴・資格に自信がないのですが?
A、学歴・資格は、あればお客様訪問で有利なのは事実です。しかし、高校卒、専門学校卒で無資格でも優秀な方は素直に評価します。実際スタッフで学歴・資格に関係なく優秀な方はいます。
また、スタッフの中には、元司法試験受験生で30代まで職歴が無かった者もいますが、早くから仕事に慣れて頑張ってくれています。なお、私自身も、元司法試験受験生です。
重要なのは入社後の仕事の質と量、それからコミュニケーション能力です。

Q、スタッフは未経験者と経験者の比率はどうなっていますか?
A、経験者は3名、未経験者は9名です。そもそも未経験者の応募の方が多いのでどちらかを優遇するということはありません。経験者にはそれなりの業務能力を求めますが、未経験者はコミュニケーション能力や機転・知恵を求めます。

Q、スタッフの定着率はいかがですか?
A、会計事務所は離職率が高いことで有名な職場です。都内の大手事務所では、3年でほとんど誰も残らないといった話もあると聞きます。
当事務所は事務所開設以来18人採用し、現在在籍しているのは12名です。最近は定着率が大分高くなってきました。
幸いにしてはじめての正社員の方は、出産後復職してくれており(これはかなりうれしかったですね)、2番目に採用した方も最年少ですが(実力主義です)事務長としてよく働いてくれています。

Q、退職理由はどうですか?
A、以下は各1名ずつです。
 学生で他社に就職した方(サポートスタッフ) 
 より高給を求めて(正社員)               
 受験に専念するため(正社員)               
 本人曰く「事務所のレベルについて行けない」(試用期間)  
 理由不明(サポートスタッフ)              
 その他(正社員)                          
当事務所の給与水準は千葉の会計事務所としては水準くらい、
30代の所長の事務所としては高い方でしょう。スタッフの能力を生かし、いかに給料をあげるか、受験生にどれだけ勉強の機会を与えてあげられるかが所長の今後の課題です。

Q、どんな人が向いていますか?
A、仕事の勉強が苦にならない人でコミュニケーション能力がある人が向いています。

Q、逆にどんな人が向かないですか?
A、以下の方は当事務所では難しいかもしれません。
・キーボードアレルギーの方。
(仕事の半分くらいはパソコンです。今はできなくてもかまいません。すぐに慣れます)。
・仕事が嫌いな方・努力が出来ない方
・時間にルーズな方・責任感のない方
・タバコを吸わずにはいられない方
・消費者金融、商品先物取引会社等に勤めていた方(信用商売のため申し訳ありません)
・お客様やスタッフとコミュニケーションが取れない方。

Q、面接時の留意事項は?
A、履歴書、職務経歴書、トライアル雇用の求人票(ハローワークでもらう)を事前に郵送してもらえれば必要なものは特にありません。8月は郵送前にお電話いただければ早めに面接日を設定いたします。お急ぎの場合、当日お持ちいただくことも可能です。
まずは筆記試験です。素直に文書に書いてもらいます。その後面接です。今後のスムーズな業務運営のため、プライバシーに関する質問もしますので、答えたくない方はその旨言っていただいて結構です。

Q、採用の時期はいつですか?
A、お客様が急増中なので一年中募集しています。ただし、未経験者の場合、繁忙期は教育にかける時間が無いため入社時期を延ばしてもらうことがあるかもしれません。もっとも繁忙期は猫の手も借りたいのですが。

2仕事の内容について

Q、未経験者ですが正社員・キャリアスタッフは、入社当初何をしますか
A、まずは、事務所のマニュアルを読み、内部で雑用や入力補助をしつつ事務所の雰囲気に慣れてもらいます。他の方の手伝いや研修・ミーティングで業務も覚えていただきます。比較的早い時期から所長と同行し、そこで訪問の流れをつかみます。状況を見て一人で訪問するようになります。マニュアルやチェックリストに従って業務を進め、不明点は、周囲の人に聞き、又チェックを受けることにより業務を覚えていきます。おそらく他の事務所より仕事を覚えるスピードは早いと思います。

Q、お客様の訪問は何をするのですか?
A、自計化している9割のお客様は、事前にデータをメールで送っていただき、目を通しておき、お客様のところで資料チェック、修正すると共に財務内容を説明しつつ一緒になってお客様の仕事について考えます。
自計化していない客様のところでは、その場または事前に原始資料をいただき、資料を事務所で入力する作業(行うのは主としてサポートスタッフ)が追加されます。

Q、担当件数はどれくらいですか?
A、初年度は一人15件くらい、2年目で20件強が目安です。お客様の自計化が進んでいるので他の事務所より多いかもしれません。最終的には30〜35件くらいも可能だと思います。現時点では最も多い人でもチェック業務をする都合上20数件です。

Q、お客様はどんな方が多いですか
A、お客様の業種は様々です。設立5年以内の会社が7割くらいと多いので、比較的新しい業種(サービス業、コンピューター関係等)が多いです。医療系、歯科医、NPO、社会福祉法人もあります。
20代後半40代前半の意欲的な社長が多く、魅力的な方に出会えるでしょう。他業種から転職してきたスタッフも仕事が楽しいといってくれることが多いです。

Q、お客様の会社規模はどれくらいですか
A、社長1人のみの会社から従業員 1,000人近くまであります。
社歴の若い会社が多いにもかかわらず、地方の会計事務所としては優良な中堅企業も結構あります。ただし従業員が100人以上は数えるほどです。
 利益は数万円から数億円くらいまでで黒字企業が多いのは特徴です。
実際好調な会社が多いです。

Q、関連業務はどうしていますか?
A、行政書士業務は担当者が2名、社労士業務は社労士が2名います。

Q、相続税の申告はしていますか?
A、相続税は年に数件申告しています。比較的手薄なので、希望があればトライしてもらいたいと思っています。農家の長男で農業関係の相続は得意ですし、仕事を増やすことは可能です。

Q、会計のソフト何を使っていますか?
A、日本で一番中小企業用に売れている弥生シリーズがメインです。
  一部JDL、PCAも使っています。

Q、税務ソフトは何ですか?
A、JDLが中心で、魔法陣も使っています。オフコンではなくPCです。

Q、保険の代理店はしていますか?
A、 していません。スタッフに保険のセールスをしてもらうことはありません。ただし、公平な第三者として中立的な立場でお客様の保険についてアドバイスをします。これについては社内マニュアルがあります。

3待遇・職場環境

Q、給与水準はどれくらいですか?
A、月給は18万円〜35万円(試用期間3ヶ月を除く)  賞与は年1回です。
2科目合格又は会計事務所2年経験の場合、
月額28〜30万円程度(残業代等を含む。)です。
ただし、仕事の質と量に応じて増減します。
当事務所の給与水準は千葉の会計事務所としては水準くらい、30代の所長の事務所としては高い方でしょう。しかし、一般企業に比べて良い条件とはいえません。給与をいかにあげるかは所長の今後の課題です。このためには事務所の業績・生産性を上げるのはもちろんですが皆さんの努力・協力も必要です。ご協力よろしくお願いします。

Q、専門学校や受験費用の負担はどうなりますか?
A、主要科目の専門学校費用、税理士受験費用は事務所で全額支給しています。
ただし、短期間で退職した場合には一部返還していただくことがあります。
士業の登録費用、会費も事務所が負担します。

Q、会計事務所は残業手当が無いところもあると聞きますが、きちんと手当てはつきますか?
A、サービス残業はありません。振替休日をとってもらっても、残業代でお支払してもOKです。
残業代の計算はタイムカードで一分単位です。時間の切捨てはしていません。

Q、残業時間はどれくらいですか?
A、人によってバラバラです。会計事務所としては平均よりやや少ないくらいだと思います。
ただし、12月から3月前半及び5月はどうしても多くなります。
繁忙期は9時過ぎまで残ることも結構あります。閑散期は定時に帰ってください。
完全週休2日制ですが、お客様や仕事の都合で休日出社もあります。担当を持った当初は、手順がわからないのでどうしても生産性が低く残業時間が増えます。残業手当はきちんと払いますが、残業時間の多さは賞与の査定ではマイナスです。付き合い残業・ダラダラ残業はやめてください。

Q、休日・休暇はどうなっていますか?
A、完全週休2日制です。祝祭日もお休みです。年末年始は5〜6日程度です。
法定の年次有給休暇(初年度10日)に加えて試験休み(年次有給休暇とは別に有給休暇を付与)があります。

Q、休暇の取得状況はいかがですか?
A、税理士試験の前には試験休みや有給休暇を取る方が多いです。8月は家族と過ごすためまとまって休暇を取る方もいます。
 会計事務所では本人や家族の病気以外では、ほとんど有給休暇は使われない傾向があります。当事務所では一般企業出身者が多いため、比較的普通に有給の取得が行われています。お客様に事前に告知していただき、仕事に支障が無ければ、生産性を上げるためにも適宜の休暇は必要と考えています。
退職直前の有休消化は業務の引継(3ヶ月かかります)に支障が出るため原則として遠慮していただきます。

Q、昇給はどうなりますか?
A、昇給は随時行っています。昇給は本人の仕事ぶりによります。給料が下がる場合もごくまれにあります。

Q、賞与はどうなっていますか?
A、賞与は年1回、12月に支給します。
仕事の質と量を勘案し、それまで払った分の給与手当を考慮して査定します。
個人差はかなりあります。年齢や勤続年数、過去の賞与支給額は考慮しません。

Q、退職金はどうなっていますか?
A、退職金制度はありますが、現在はしっかりした規定になっていません。仕事の内容、過去の給与水準、退職の経緯を考慮して決めることになります。
給与水準が落ち着いたらきちんと規定を作ろうと思います。
退職直前の有休消化は業務の引継に支障が出るため原則として遠慮していただきます。その分は退職金で考慮します。

Q、社員の福利厚生はどうなっていますか?
A、全員参加の懇親会(その後有志でカラオケ)は年末、夏など年に2〜3回ぐらいあります。所長はお酒が弱く、歌も下手なので2次会には出ません。週末金曜日はスタッフ同士で飲みに行っている人もいるいようです。スタッフの仲は良好です。
 社会保険は完備しています。健康保険、厚生年金、労働保険(雇用保険、労災)に加入しています。労働時間が週30時間以上の方は全部、30時間未満の方も労働保険には加入しています。
9月に健康診断を受けていただきます。

Q、仕事中の飲み物は?
A、お茶等は必要に応じて適宜飲んでもらって結構です。コーヒー、紅茶、ウーロン茶、牛乳は、事務所負担で用意してあります。浄水器は業務用のものを使っています。お菓子は頂き物があるときは皆で分配します。なお、お中元・お歳暮は事務所で使うか皆で分配します。

Q、服装はいかがですか?
A、男性は普段は、スーツにネクタイ、Yシャツは白または青にしてください。女性は不快感を与えないものにしてください。極端な茶髪は不可です。
週末出勤でお客様とお会いしない場合、服装は自由です。みんなの私服のセンスが良いのには驚きます。所長はスーツのみならず私服も似合いません。

Q、昼休みはどうなっていますか?
A、12時から1時まで一時間です。お弁当を買ったり、持参しています。たまに外出して食事をする方もいます。冷蔵庫、オーブントースター、電子レンジがあります。残業やお弁当を忘れた人用にインスタント食品を常備しています。
仕事の都合で一時間休めない場合、タイムカードにその旨記入していただいています。

Q、勤務地は?
A、千葉県船橋市旭町 です。塚田駅から遠くて歩いて10分くらいかかるのが欠点です。このため車での通勤も認めています。
事務所の建物は2階建てで最近改装しました。別棟と合わせて30名くらいまでのスペースがあります。

Q、所長の親族は事務所にいますか?
A、今のところ妻が、たまに手伝っています。司法書士受験生なので登録すればその業務をする予定です。親族がいるとスタッフの皆さんの仕事がしにくいので一応、気は使っています。いわゆる、事務所にいて仕切っているタイプではありません。その他、妹が自宅で事務所の経理をしていますが、事務所内にはいません。

4教育・研修体制について

Q、所内ミーティングは?
A、毎週水曜日9時より行っています。小1時間です。普段は出社時間についてはあまりうるさく言いませんが、このときは遅れないように出社してください。

Q、所内研修は?
A、月一度、原則第一水曜日の午前中に行います。所長またはスタッフが講師を勤めて業務レベルの向上に努めています。

Q、チェックリストは?
A、業務の標準化・汎用化のためたくさんのチェックリストがあります。最初はその内容を理解し、使えるようになるのが大変かもしれません。

Q、フォロー体制は?
A、所長はほとんど所内にいないため、グループウェアでのやりとりが多いです。事務長等のチェックの他、お気軽に回りの人に聞いてください。また、サポートスタッフは経験者が多く、教えてもらうことが多いはずです。

5、その他

Q、脱税を強要するお客様がいたら?
A、節税は協力しますが、脱税は中長期的にお客様のためにならないのでお断りしています。

Q、副業はしても良いですか?
A、所長の許可が無ければ禁止です。なお、スタッフが個人的に税理士業務を行うのはニセ税理士業務と呼ばれ、税理士法違反の犯罪です。

Q、税理士法人化についてどう考えていますか?
A、適当なパートナーがいればすぐにでも法人化したいです。残念ながらもう数年かかりそうです。将来税理士法人のパートナーになってくれる人材を輩出できるとうれしいです。その場合は都内に進出する予定です。

長い、ながーい文章お読みいただきありがとうございました。