連日、欠陥住宅の建築士が話題になっています。

船橋のマンションがTVに映っていましたね。
実は、お客様に相談を受けていた物件です。
H社の物件は広さの割に安いのです。
これが構造計算のせいだとしたら…。

幸いにしてお客様は買わないで無事でした。

仮に私のお客様が無理を言ってきたら
(このケースがそうだとは限らないけれど)
やはり、中長期的なお客様の利益を考えて
このような不正はきちんと断るべきなのでしょう。

同じ専門家として考えさせられます。
長く良いおつきあいができるお客様がいいですね。