東京都千代田区と千葉県船橋市の
税理士法人、司法書士・行政書士事務所TOTALの
高橋寿克です。

週末、高速のETC割引で長野県の野尻湖に行ってきました。
野尻湖は、軽井沢が世俗化したのを嫌った欧米人によって開発された避暑地だそうです。

泊まったのは野尻湖ホテルEL BOSCO(旧野尻湖プリンスホテル)です。
西武鉄道グループの総帥で、バブル期には世界有数の資産家だった堤義明の、隠れ家・別荘地としての役割も担っていたので贅沢なかなり凝った建物です。

部屋に入ると一面の窓から湖が見え
森の中に抱かれているようです。

野尻湖ホテル


ホテル自体に感動したのは
妹の結婚式で泊まったハワイのハレクラニ以来です。

 〔鄂湖の未開発の自然(ホテルは岬の先端にあります)
◆〕名建築家による贅沢で妥協のない建物

バブルの崩壊に加えて
堤義明氏が相続税や法人税を逃れるため株主名簿の不正をして逮捕され
このホテルもさびれかけましたが
優秀なホテル経営者に代わり最近リニューアルされたようです。

 ちょっと贅沢な「大人の休日」
ブランド戦略とそれを支えるモダンなセンスや技術がしっかりしています。
普段使わない黄色や紫など斬新な色が自然と調和するのには驚きました。

週末は、ビジネスマン風の夫婦や富裕層でにぎわっていました。

私自身は、怖いような夜の闇から日の出までの時の流れをただ眺めていました。





野尻湖ホテルの朝


のんびりとした時間を過ごすことが「心」と「体」に良いという当たり前のことを思い出させてくれました。
(もっとのんびり連泊したかったかな。)

野尻湖ホテル コップ