今日は7年ぶりくらいの大失敗をしました。

私がふだん考えているのは
 (1)お客様が、より良い企業に
    成長するのをお手伝いすること
 (2)スタッフ(会計人)が、より良い税理士に
   成長する環境を作ること
 (3)結果として税理士法人TOTAL成長すること
です。

だからうちの経営理念は
 〜あなたと共に成長したい〜

でも、コミュニケーション技術がないと、ときとして、
思いの強さは、価値観の押しつけ、上から目線と相手に感じられ
反発されたり、優しい人をつぶしてしまう危険性もあります。
相手の方に対する、同意、思いやりは極めて大切です。
(先週、社内ミーティングでスタッフに対して、私自身がお話ししたばかりだったのにアホです)

7年前、優しくて素直な、ちょっとだけ器用でない男性に
成長してもらいたくてプレッシャーをかけすぎてしまったことがあります。
結局、彼は退職して、税理士になることなく、企業経理に転じました。

そのことに対する後悔は、私の中に今でも強く残っています。
だから、税理士試験を目指す一人でも多くの方に、素晴らしい税理士になってもらいたいと心から願っています。
私が、
税理士事務所求人・採用情報
という就職関連の情報提供をするサイトを開設した理由の一つは彼に対する罪滅ぼしの思いもあるのかもしれません。

そのころのミスを教訓にコミュニケーションについて学んだはずなのに、
今日は、会計業界での進路について迷っている女性に、ていねいさを忘れて、雑で強すぎる不適切な対応をしてしまいました。
ここ2日、営業が得意な方々とお会いすることが続き、刺激が強く、少し焦っていたのかもしれません。

今日お会いした女性は、聡明で、謙虚で、(美人な)素敵な方でした。
ぜひ、会計業界で頑張って欲しいと思って
(出来ればうちに来てほしいですが)
すこし力が入りすぎてしまいました。
ご迷惑をおかけしました。
彼女が、私のために会計業界を去ったり人間関係を壊したりすることのないように祈ります。

私は、強く出るときついので、自制していてちょうどいいタイプなのでしょう。
経営理念に「成長」という言葉を入れるのは、今となっては熱苦しいと感じる人もいるとお聞きしています。
「成長」に貢献したいという熱い思いは私の心の内に秘めて、
きちんと一人一人のお客様、会計人と向き合って、ていねいなコミュニケーションをしていかなければと思います。

今日は疲れました。ゆっくり眠ることにします。


追記)
 彼女は無事に就職活動をしているそうです。ホッとしました。